転職活動日記。

転職活動日記と愚痴。

キャリアコンサルトにダメ出しされまくってへこむ。

最近、連続して、キャリアコンサルタントの方に、

猛烈にダメ出しを食らう事が多くて、疲れてきました。

 

ああ、へこむ。そう、この過程で心が折れて、

内定が出そうな会社へ適当に入っていつも後悔していたんだった。

でも、書面を添削してくれるエージェントって意外と少ない。

 

ワークポート→添削なし

type→添削なし

doda→添削なし

 

ネットを見ると書類添削目的に、エージェントに行く方が多いようですが、

企業に出すときにエージェント側で添削する作戦なのだろうか。

 

 

なので、職務経歴書の添削目当てでエージェント利用すると、

無駄足になるかもしれない。添削目当てなら、

マイナビ転職のweb添削を利用するとか…、

あとは東京都仕事センター(30代以上はパソナが担当)を利用するとか…。

 

応募書類は絶対に第三者の目でチェックをしてもらった方が良い。

自分では気がつかないところも沢山あり、指摘される度に

どんどんよくなっていく応募書類。

指摘をしてくれる方は貴重なのです。

 

大手のコンサルタントさんは若い方が多いけど、

私を指導いただいている方は、人事や管理職経験のある50歳位の方。

迫力が違うし、人事目線でのアドバイスはとても貴重です。

アドバイザーなしでも問題なく転職できる人はできるけど、

自信がない人ほど相談しながら転職したほうが良い。

 

以前の私の経歴書は、

こんな大変な仕事をしてきました、

自信ないけど、がんばります!といった内容。

自身がないと書類の内容が薄くなりがち。

 

コンサルタントの方が、アピールが足りない。そんなじゃ落ちる。

もっとあるでしょ?

良いところが沢山あるでしょう?と引き出してくれるのです。

 

おもにネットを中心に活動をしていましたが、

人と会い、足で探すほうが私にはあっているかも。

 

知人はハローワークの相談員の方に相談を重ね、

その方のご紹介からとても良い求人を紹介いただき、

ホワイト、給料多い、残業なしの会社に就職する事ができました。

 

求人検索はもちろん大事だけど、自分を掘り下げる事と、

信用して相談できる人が転職には必要なんですね。

 

情報収集のために取りあえず転職サイトのリクナビDODAマイナビ転職の

転職御三家と、女の転職、キャリアインデックス辺りは登録すると良いでしょう。

 

あと、転職エージェントも一応。

 

 

転職エージェントはワークポートと@typeが良さそう。

DODAリクルートは外してもいいかな。

 

あとは、転職イベントや企業の転職相談会など、

人と会って話す事が重要だと感じました。

 

一人だと心細いですからね。