転職活動日記。

転職活動日記と愚痴。

過去のエントリーが面白い。

昨年書いた、転職活動の記録を見ていて、こんなに追い詰められなくても…と微笑ましく見返す。

1番だめだったのは、自分を価値がないペラペラの人間だと思っていたから、応募書類も自信なさげだし、そこをコンサルトに突っ込まれてもっとあるでしょ!そうじゃないでしょう!とか、こいつおせばねじ込めるんじゃないかとか思われて振り回されちゃったんだろうなとか思う。

自分軸で動いてよかったんだよと今は思う。

どう生きたい?いくら欲しい?それとも田舎に移住する?とか。この仕事面白そう!挑戦したい!とか。

価値がない私ですが、今の仕事と雇用形態に不満があります。正社員になりたいです。

今見ると、そんな風にしか取れない応募書類になっている。そりゃあ、突っ込まれるわ〜。

卑屈になってしまうと、そんな気持ちが引っ込んじゃうんですよね。今は、そうは言っても、あれこれやったし、よく頑張ったじゃんと思うし、エージェントさんに、やりとりしているうちにあなたは優秀な人なんですよと言ってもらったり。

あの時、あのまま転職活動つづけるより、一呼吸挟んで良かったな〜と。

辛かったけど、三、四人がかりで総ツッコミを受けた後の、合格を受けた職務経歴書もあるし、あの時間があってこその今かな〜とも思う。